浜松市中区のカフェのような不動産屋さんでお家探し

HAPPY ROOM

TEL:053-522-8236

 後悔なんてしたくない!新築建売を購入に隠れた驚きの真実とは?

      2018/04/22

一生に一度の買い物を、新築建売なんかにしたくない!

どうせ安かろう悪かろう二しかならないから、失敗なんて絶対にしたくない!!

建売住宅を買って失敗した!後悔した!という話は昔からよく聞く話だ!

建売住宅の一般的イメージといえば、こういった言葉を多く効く方も多いでしょう。

しかし、最近の建売には、そのイメージを覆す「真実」が明らかになってきました。

安かろう悪かろうが新築建売ではなのか?

 

新築建売というと、物件の質があまり良くないといったイメージがありませんか?

一生に一度の買い物だったものの、仕方なく購入したのが新築建売だった。

様々な問題が発生して、購入したことを後悔しているという話はよく聞きます。

 

しかし、今、現在新興住宅地などの新築建売物件が大人気だという事を知っていますか?

 

建売を仕方なく購入する時代は終わりをつげ、新しい街並み、新しい住人、きれいな公園、そういった「新しさ」を求める傾向が強くなり、新興住宅地の建売物件は非常に競争が激しい状況といっても過言ではありません。

 

新築建売が持つメリットであるはずの「安さ」は、いつの間にか「デメリットの象徴」に変化していますが、新築建売の場合、土地と家屋を合わせて2000万円台~でも購入出来たり、地域によっては2000万円台で販売されていたりします。

 

新築建売住宅の安さは、絶対的なメリットである事を忘れてはいけません!

新築建売が安いのは「質が悪いから」じゃないの?

 

新築建売は質が悪いといつしかいわれるようになってしまいました。昔は職人の腕に左右されることも多く、粗悪なつくりが目立つような施工が多かったのかもしれません。

 

ところが、現在の建築工法において主流といわれているものが、プレカット工法です。

予め工場でコンピューターを使用し、木材をカット。

カットされた木材を現場に運び、組み立てていくだけといった建築工法を採用しているメーカーが増えてきました。

 

こういった工法が主流になったことで、粗悪な造りという事が少なくなってきたというのは、重要なポイントですね!

 

このプレカット工法は、建売住宅だけでなく、注文住宅でも主流となっておりますので、注文住宅と建売住宅の質に対する差というのはないと考えても問題はないといわれています。

注文住宅と新築建売の違いとは?

 

注文住宅というと高いといったイメージがあり、建売住宅というと安いといったイメージがありますよね?その点に関しては、あながち間違いではないと思います。

 

その差は、オーダーメイドなのか、量産品なのかの違いです。

 

洋服でもそうですが、オーダーメイドでスーツ1着作ろうとしたら何十万という高額な費用が発生します。ところが、量産品の場合、同じスーツだとしても数万円で買えますよね?

 

住宅も同様に、注文住宅の場合、間取りからなにからなにまで自由設計の「オーダーメイド品」であり、建売住宅は、各種住宅メーカーが「量産品」のような形で販売している住宅となります。

 

つまり、安さの理由は「大量生産を行っているから」という理由であり、質の良し悪しではないわけです。

新築建売のデメリットはないの?

注文住宅と比べて、新築建売のデメリットは存在します。

  • 自由度はほとんどない!(※着工前なら外壁の色等条件付きで相談可能な場合もあり)

建売というくらいですから、既に住宅は完成しており、様々な手続きが完了すればすぐに引き渡しができる状態です。何かしらの変更を希望する場合は、追加工事が必要であり、場合によっては建物の構造上、工事不可といった事もあるでしょう。

 

  • 各種こだわりを持つことができない!

キッチンの高さ、便器の高さ、廊下の幅、各素材のメーカーなど、既に設置してあるものを使用するしかありません。

 

この2点に関しては、デメリットではない場合もあります。

新築建売とは、住宅のプロが一番いいと判断した住宅の構造であり、量産タイプとはいえ、インテリアやカラーコーディネイト、生活動線などのこだわりは十分にカバーされていることが多いからです。

建売を購入するときの注意点とは?

 

建売だからこそ注意するべき点は、本当にその間取りや動線が自分の生活スタイルに沿ったものなのかを確認することです。

 

立地や価格ばかりに目が行きがちですが、建売住宅を購入して後悔した人の多くは、自分の生活スタイルと合わないような間取りの住宅を購入しているためといわれています。

生活スタイルに合わない住宅となれば、注文住宅であっても失敗したと後悔するでしょう。

 

注文住宅の場合、自由度が高い分、なにもかも自分で決めなければ前に進めません。

机上の空論でしかない状況の中、小さなサンプルやパンフレットだけで決めていく作業は途方もなく感じられます。それが本当にベストな選択なのか?といった疑問があっても、最終的な決断は、施主が行う必要があり、住宅メーカー側が決断するといった事はありません。

 

注文住宅の場合、そういった作業に疲れ、最後の方は流れに任せてしまった、適当にしてしまった、といった理由から後悔した声も意外と多いのです。

 

 

建売住宅の場合、自分が住宅に求めるもの・生活に合っているかどうかを現地に行くことで、直接確認することができます。自分の生活スタイルにあった物件なのかどうかをチェックすることができるというのは、大きな利点ですね。

 

住宅に対して、どういったことにこだわりたいか、どういったことを優先するか、予めリストを作っておくことがおすすめです。

 

新築建売を見学した際、リストに則りチェックすることで、後悔の少ない住宅購入が可能になります。価格や立地だけで、住宅の良し悪しは決まりません。

何よりも大切なことは、新築建売を自分の目で見るということが、最も大切なことです。

 

是非、新築建売の見学会には、たくさん足を運び、様々な物件を研究してみませんか?

HAPPYROOM不動産では浜松市・磐田市・袋井市・掛川市・湖西市の新築建売住宅もご紹介しております!!

建売住宅の事なら建売専門店のHAPPYROOM不動産まで何でもお気軽にお問合せくださいね

 - 建売住宅購入の注意点 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした